EAのバックテスト用データをMT4に入れる方法



EAの長期間のバックテストをするにはMT4にヒストリカルデータを入れる必要があります。

今回は、一番簡単にできるMetaQuotes社のヒストリカルデータの入れ方と、FXDDのヒストリカルデータをダウンロードしてインポートする方法を説明します。

 

ヒストリカルデータを入れる時の注意点

長期間のヒストリカルデータを入れるとMT4が重くなります。特に1分足などのデータ量の多いチャートを複数開くとMT4がフリーズしたり、レートの更新がうまくいかなくなる事があります。

ヒストリカルデータを入れる場合は実際の取引に使っているMT4ではなく、バックテスト用のMT4を用意して、そちらに入れる事をお勧めします。

 


ヒストリー内の最大バー数の設定

「ツール」から「オプション」をクリックします。

 

「チャート」タブを選択します。

ヒストリー内の最大バー数とチャートの最大バー数を変更します。

 

ここの最大値は2147483647で、これより大きい数値を入れてOKボタンを押すと最大値の2147483647になります。ここでは9を10個入れていOKボタンを押しています。

 

もう一度「オプション」を開いて2147483647になっているのを確認します。

 


ヒストリカルデータを削除する

ヒストリカルデータをMT4に入れる前に、既に入っているヒストリカルデータを削除します。

×ボタンを押して全てのチャートを閉じます。

チャートが開いたままだとデータを削除しても、またデータが作られてしまうので全てのチャートを閉じておきます。

 

「ファイル」から「データフォルダを開く」をクリックしてデータフォルダを開きます。

※フォルダを開くときは必ず「データフォルダを開く」から開いて下さい。MT4をインストールしたフォルダ内にも以下のフォルダがあるかもしれませんが、そこではない可能性が高いです。これはOSやPCの設定などで変わってくるようです。

 

「history」フォルダを開きます。

ここのフォルダはFX会社によって違っています。

 

「.hst」のファイルを削除します。

※ここではUSDJPYのヒストリカルデータをMT4に入れる予定なので、既存のUSDJPYのヒストリカルデータを削除しています。

 


MetaQuotes社からヒストリカルデータをダウンロードする

MetaQuotes社のデータは精度が悪いとよく耳にします。どのぐらい精度が悪いかは不明ですが、正確なバックテストをしたければ、他のデータを入手してインポートした方が良いかもしれません。

 

「ツール」から「ヒストリーセンター」をクリックします。

 

赤枠の+を押します。

 

ダウンロードする通貨ペアを探します。

 

ダウンロードする通貨ペアを選択して、「ダウンロード」のボタンを押します。

ここではUSDJPYを選択しています。

 

ダブルクリックして中が開いた状態でも問題ありません。

ちなみに、1分足などを選択してダウンロードしても、すべての足のヒストリカルデータが追加されます。

 

OKボタンを押します。

 

ダウンロードが開始されます。

 

ダウンロードが終わると、終了のメッセージなどは出てこないで、ダウンロードの開始前と同じ状態になります。「閉じる」のボタンを押します。

これでダウンロードした通貨ペアの全ての時間足のヒストリカルデータが出来上がっています。

 


FXDDからのダウンロード

FXDDのヒストリカルデータは「メタトレーダーのヒストリカルデータ」のページからダウンロードできます。

https://fxddtrading.com/bm/jp/resources/mt4-one-minute-data

MT4に追加したい通貨ペアを選んでダウンロードします。

ここではドル円を選んでいます。

ダウンロードできるデータは1分足だけです。他の足のデータは、MT4で1分足から作ります。

 

ダウンロードすると「USDJPY.zip」の圧縮ファイルになっているので解凍します。

 

「USDJPY.zip」ファイルを右クリックして「すべて展開」から解凍することが出来ます。(OSのバージョンなどによって違うかもしれません。)

 

解凍すると「USDJPY.hst」のファイルになります。

 


MT4にFXDDのヒストリカルデータを入れる方法(インポートする)

上で説明している「ヒストリー内の最大バー数の設定」と「ヒストリカルデータを削除する」の作業をしてからデータをインポートしてください。

 

「ツール」から「ヒストリーセンター」をクリックします。

 

赤枠の+を押します。

 

追加する通貨ペアをダブルクリックして開きます。

ここでは、USDJPYを選んでいます。

 

1分足をダブルクリックして1分足を選択します。

 

データが表示されるので、これを削除します。

削除の仕方は、一番上の行をクリックして選択した状態でshiftキーを押しながらEndキーを押します。

 

全行選択状態で削除ボタンを押します。

 

インポートボタンを押します。

 

参照ボタンを押します。

 

今回、インポートするファイルは、「.hst」ファイルなので初期状態だと出てこないと思います。

赤枠の「MetaQuotes(*.hst)」または「All Files(*.*)」を選んでください。

 

「USDJPY.hst」を選択して、開くのボタンを押します。

 

データが表示されたら、OKボタンを押します。

 

これで1分足のヒストリカルデータのインポートは完成です。閉じるボタンを押します。

 


1分足から他の時間足のヒストリカルデータを作る

「ファイル」から「オフラインチャート」をクリックします。

 

「USDJPY」を選んで開くボタンを押します。

※インポートした通貨ペアがないときはMT4を再起動してください。

 

ナビゲーター内の赤枠の+を押して「スクリプト」を開いて「PeriodConverter」をオフラインチャート上にドラッグ&ドロップします。

 

「パラメーターの入力」タブを選択して、値に5を入力してOKボタンを押すと1分足のヒストリカルデータから5分足のヒストリカルデータが作成されます。

 

次に、15分足のヒストリカルデータを作ります。

5分足のデータを作った時と同じように、「PeriodConverter」をオフラインチャート上にドラッグ&ドロップします。

 

確認のメッセージが出てくるので、はいボタンを押します。

 

値に15を入力してOKボタンを押すと15分足のヒストリカルデータが出来ます。

このようにして、他の時間足のヒストリカルデータも作っていきます。

ヒストリカルデータを作る時の値は分単位で入力します。5分足=5 15分足=15 30分足=30 1時間足=60 4時間足=240 日足=1440

おすすめ記事

リアル口座のトレード収支結果です。   EA名:KonohaUSDJPY 通貨ペア:USDJPY 使用FX業者:OANDA JAPAN(東京サーバー) バージョン:1.00 パラメーター:すべて初期値 約定日時…

MT4のデモ口座も特徴があって、無期限で使える業者、CFD4銘柄(ダウ先物、日経225先物、WTI原油先物、金)が表示できる業者、リアル口座と同じレートを表示している業者、複数のサブ口座が持てる業者などがあるので、ここで…

関連記事

MT4で自動売買するためには、EAを入手して、それをMT4で使えるようにする必要があります。 ここでは、MT4にEAを入れる方法とEAをチャートにセットする方法を説明します。また、EAのエラーを確認する方法も説明します。…

MT4では、EAがDLLを使っていることがあります。 DLLを使っているEAには、DLLファイルが付属している物と、Windowsに標準で装備されているDLLを使っている物のがあります。 EAにDLLファイルが付属されて…

MT4のバックテスト機能を使うことで、過去10年以上のEAのパフォーマンスを検証することも可能です。 また、EAを自作することが出来れば、トレード手法を検証するかなり強力なツールになります。 ここでは、説明用に作った「R…