MACDやRSIのサブウィンドウに移動平均線やボリンジャーバンドを表示させる方法



「Previous Indicator’s Data」または「First Indicator’s Data」を使うと、MACD、RSI、ストキャスティクスなどのサブウィンドウに移動平均線やボリンジャーバンドなどを表示させることができます。

ここでは、MACDのサブウィンドウにボリンジャーバンドを表示させる方法とRSIのサブウィンドウに移動平均線を表示させる方法を説明します。

 

MACDのサブウィンドウにボリンジャーバンドを表示させる方法

ナビゲーター内の「MACD」をチャート上にドラッグ&ドロップをしてMACDを表示させます。

今回、使っているMACDはラインとヒストグラムで表示されているMACDを使っていますが、2本のライン表示にカスタマイズしたMACDでも可能です。

MACDを2本のライン表示にするにはこちらをご覧ください。

 

「Bollinger Bands」をMACDが表示されているサブウィンドウにドラッグ&ドロップします。

 

「適用価格:」を「Previous Indicator’s Data」または「First Indicator’s Data」を選択します。ここでは表示されているインジケーターはMACDが1つだけなのでどちらを選んでも同じになります。

 

「Previous Indicator’s Data」または「First Indicator’s Data」を選択してOKボタンを押します。画像では「First Indicator’s Data」を選んでいます。

 

これでMACDのサブウィンドウにボリンジャーバンドが表示されます。

※このボリンジャーバンドは、ローソク足のボリンジャーバンドではなく、MACDの値に対してのボリンジャーバンドになっています。

 


RSIのサブウィンドウに移動平均線を表示させる方法

ナビゲーター内の「Relative Strength Index」をチャート上にドラッグ&ドロップをしてRSIを表示させます。

 

「Moving Average」をRSIが表示されているサブウィンドウにドラッグ&ドロップします。

※「Moving Average」の表示は必ずナビゲーターから行ってください。挿入のインディケータからではサブウィンドウに表示させることは出来ません。

 

「適用価格:」を「Previous Indicator’s Data」または「First Indicator’s Data」を選択します。ここでは表示されているインジケーターはRSIが1つだけなのでどちらを選んでも同じになります。

 

「Previous Indicator’s Data」または「First Indicator’s Data」を選択してOKボタンを押します。画像では期間14で「First Indicator’s Data」を選んでいます。

 

これでRSIのサブウィンドウに移動平均線が表示されます。

画像では1時間足に、期間14でRSIを表示して、移動平均線も期間14を選んでいます。

※この移動平均線は、1時間足の移動平均線ではなく、RSIの値に対して期間14の移動平均線になっています。

 


ストキャスティクスの場合

ストキャスティクスの場合もやり方は同じで、ストキャスティクスを表示してそのサブウィンドウにボリンジャーバンドや移動平均線をドラッグ&ドロップして「Previous Indicator’s Data」または「First Indicator’s Data」を選べば表示することができます。

 


「Previous Indicator’s Data」と「First Indicator’s Data」の違い

「Previous Indicator’s Data」は、最後に表示したインジケーター(設定中のインジケーターを除く)の値で、「First Indicator’s Data」は、初めに表示したインジケーターの値になります。

おすすめ記事

リアル口座のトレード収支結果です。   EA名:KonohaUSDJPY 通貨ペア:USDJPY 使用FX業者:外為ファイネスト バージョン:1.00 パラメーター:すべて初期値 約定日時 種別 レート 決済日…

私は数年前から投資はMT4で自動売買のみになっているので、裁量トレードに便利なMT4とかあまり興味なかったのですが、デモ口座開設の記事を書くのに調べていると、FXTF(FXトレード・フィナンシャル)のMT4が裁量トレード…

残念ながらトータルで20160円のマイナスになってしまいました。 KonohaUSDJPY、一本勝ち、利大損小百花繚乱EURUSDはプラスでしたが、InstaFX、InstaFX-Relaxはマイナスで特にInstaFX…

関連記事

MT4には、標準で30種類以上のインジケーターが搭載されています。 今回は、移動平均線とRSIを使ってインジケーターの使い方を説明します。 移動平均線とRSIをチャートにセットする方法と、パラメーターの設定の仕方なども詳…

スキャルピングなどをする時は、エントリーと同時にストップやリミットを設定したいことがあるのではないでしょうか? 今回は、MT4の標準機能で、ワンクリックでエントリーと同時にストップとリミットを設定する方法を説明します。 …

チャート上の値幅(高値と安値など)をマウス操作で簡単に調べる方法やチャートの縦軸の拡大と縮小、横軸の拡大と縮小の仕方、間違って閉じてしまったチャートを再表示する方法やチャートのグリッドを非表示にする方法、チャートの色の変…

MT4で過去の取引履歴を見る方法やマジックナンバーの確認方法、エクセルでレポートのファイルを開く方法などを説明します。   目次 取引履歴を確認する方法口座履歴の期間を変更する方法コメント、手数料、税を表示させ…

最初にMT4でチャートを見たときに、あれ?時間がおかしいと思うのではないでしょうか? 私もMT4を初めて使ったときに、表示時間を変えたくて必死に設定する場所を探したのですが見つけることができませんでした。まあ、見つからな…