MT4のメール設定をする方法



メール送信機能がついているEA、インジケーターやアラートでメールを送るには、MT4のメール設定をする必要があります。

 

メールの設定画面を開く

「ツール」から「オプション」開きます。

 

「E-メール」タブを選択します。

ここのメール設定をすることで、メール送信機能がついているEAやインジケーターからメールを送ることができるようになります。

 


メール設定の仕方

「有効にする」にチェックを入れます。

SMTPサーバー: SMTPサーバー名を入力して、そのあとに「:」半角コロンを入れて、ポート番号を入力します。ポート番号は465または 587を入力します。

SMTPログインID: SMTPサーバーのログインIDを入力します。ここは、メールのログインIDになっていることが多いと思います。

SMTPパスワード: SMTPサーバーのログイン用のパスワードを入力します。ここも、メールのログインパスワードになっていることが多いと思います。

発信元: 発信元のメールアドレスを入力します。

送信先: 送信先のメールアドレスを入力します。

すべての項目を入力して、テストボタンを押すとテストメールが送信されます。

送信先にテストメールが届けば設定は完了です。

ポート番号の465と587の違いは、私はよくわかっていないのですが、なにやら暗号化の仕方の違いのようで、SSLを利用する場合は465にするらしいです。

MT4自体が、SSLに対応しているかも、わからないのですが、とりあえず465を入れて、送信先にメールが届けば465で良いと思います。

※入力は必ず半角で入力してください。

 


Gmailの設定の仕方

「有効にする」にチェックを入れます。

SMTPサーバー:smtp.gmail.com:465

SMTPログインID:GmailのID

SMTPパスワード:Gmailのパスワード

発信元:Gmailのメールアドレス

送信先:送信したいメールアドレス

「SMTPサーバー」は、個別にSMTPサーバー名が割り振られているわけではなく、Gmailを使っているユーザーすべてが「smtp.gmail.com」になります。ポート番号は半角のコロンの後に465または587を入力します。

465で送れない場合は、587を試してみると良いと思います。

GmailのIDは、メールアドレスまたはメールアドレスの@の前の部分になっていると思います。

※入力は必ず半角で入力してください。

 


Yahoo!メールの設定の仕方

「有効にする」にチェックを入れます。

SMTPサーバー:smtp.mail.yahoo.co.jp:465

SMTPログインID:Yahoo!メールのアカウント名

SMTPパスワード:Yahoo! JAPAN IDのパスワード

発信元:Yahoo!メールのメールアドレス

送信先:送信したいメールアドレス

Yahoo!メールのアカウント名は、メールアドレスの@の前の部分になっています。

ポート番号は、465でメールが送れない場合は、587を試してみると良いと思います。

Yahoo! BB会員の方は、SMTPサーバーの設定が違う可能性があるので注意してください。メールアドレスが○○○@yahoo.co.jpでも、Yahoo! BBメールの設定の可能性があります。

※入力は必ず半角で入力してください。

 

Yahoo! BBメールの設定

SMTPサーバー:ybbsmtp.mail.yahoo.co.jp:465

SMTPサーバー以外はYahoo!メールの設定と同じはずです。

 


メールが送れない時の確認方法

送信先にメールが届かない場合は、ターミナルの操作履歴のメッセージを確認します。


「ターミナル」の「操作履歴」タブを選択します。

ターミナルが表示されてないときは、上の赤枠をクリックして「ターミナル」を開いてください。

ここに、エラーメッセージがあるとメールが送れていないことになります。

上の画像は、メールを送った時にでるメッセージです。左側に赤いマークがあるのはエラーメッセージです。※上の画像は、Gmail設定時のエラーメッセージです。

1番上の「Mail: error connecting to smtp.gmail.com;465」は、コロンを入れるところをセミコロンを入力したエラーです。「error connecting」は、接続エラーのメッセージなので「SMTPサーバー:」の入力にエラーがあることになります。

2番目の「Mail: login to smtp.gmail.com:465 failed」は、SMTPサーバーには接続されたけど、ログインできなかった時のエラーになります。

このエラーは、「SMTPログインID:」または「SMTPパスワード:」の入力にエラーがある可能性が高いです。

他にも、SMTPサーバーが違っている可能性もあります。SMTPサーバーに接続はされているので、入力ミスではないのですが、例えば、GmailのSMTPサーバー名を入力しているのに、Yahoo!メールのIDとパスワードを入力している時などはこのエラーが出ます。特に、Yahoo! メールとYahoo! BBメールは、SMTPサーバー名が違うので注意が必要です。

一番下の「Mail: ‘Test message’ has been sent」は、エラーではなく、メールが送信されたときのメッセージになります。

このメッセージは、送信先にメールが届いた時のメッセージではなく、あくまでもメールを送信したというメッセージになります。

このメッセージが出ていて、メールが送信先に届いていない場合は、「送信先:」の入力項目のメールアドレスの入力ミスの可能性が高いです。

他には、相手側がSSLに対応していないと?「SMTPサーバー:」のポート番号465で送ったメールが送信先に届かないこともあるらしいです。この場合は、ポート番号587を試してみるとよいかもしれません。

ポート番号などの設定を変えても、反映されていないことがあるようなのでMT4を再起動した方が良いと思います。

ちなみに、「発信元:」はメールアドレス以外でも問題なく、送信先にメールが届くので、ここの入力ミスでメールが届かないということは無いと思います。

 

後は、受け取り側の設定の問題だと思います。

迷惑メールとして処理されてしまっていることが一番多いかもしれません。この場合は、迷惑メール設定を変更することで受け取れるようになると思います。

受信ボックスがいっぱいでメールが届かない場合もあるようです。

おすすめ記事

リアル口座のトレード収支結果です。   EA名:KonohaUSDJPY 通貨ペア:USDJPY 使用FX業者:OANDA JAPAN(東京サーバー) バージョン:1.00 パラメーター:すべて初期値 約定日時…

私は数年前から投資はMT4で自動売買のみになっているので、裁量トレードに便利なMT4とかあまり興味なかったのですが、デモ口座開設の記事を書くのに調べていると、FXTF(FXトレード・フィナンシャル)のMT4が裁量トレード…

関連記事

チャート上の値幅(高値と安値など)をマウス操作で簡単に調べる方法やチャートの縦軸の拡大と縮小、横軸の拡大と縮小の仕方、間違って閉じてしまったチャートを再表示する方法やチャートのグリッドを非表示にする方法、チャートの色の変…

ダウンロードなどで入手したインジケーターはMT4にセットしなければ使うことは出来ません。 今回は、入手したインジケーターをMT4に入れる方法を説明します。 インジケーターのファイルは、拡張子が「.ex4」と「.mq4」の…

MT4には、標準で30種類以上のインジケーターが搭載されています。 今回は、移動平均線とRSIを使ってインジケーターの使い方を説明します。 移動平均線とRSIをチャートにセットする方法と、パラメーターの設定の仕方なども詳…

MT4のデモ口座も特徴があって、無期限で使える業者、CFD4銘柄(ダウ先物、日経225先物、WTI原油先物、金)が表示できる業者、リアル口座と同じレートを表示している業者、複数のサブ口座が持てる業者などがあるので、ここで…

現在、MT4は公式サイトからダウンロードをしても中身がMT5になっているようです。 MT4は、MT4対応のFX業者からダウンロードすることができます。 ここでは、OANDA Japan(オアンダジャパン)、FXTF(FX…