MT4のワンクリック取引でストップとリミットを入れる方法



スキャルピングなどをする時は、エントリーと同時にストップやリミットを設定したいことがあるのではないでしょうか?

今回は、MT4の標準機能で、ワンクリックでエントリーと同時にストップとリミットを設定する方法を説明します。

 

ワンクリック取引にチェックを入れる

ツールからオプションを選びます。

 

取引のタブを選択して、ワンクリック取引にチェックを入れます。

 

ワンクリック取引の免責事項を確認して「私はこれらの利用規約に同意します。」にチェックをつけてOKボタンを押します。

 

ワンクリック取引にチェックを付けたらOKボタンを押します。

 


板注文画面を表示させる

トレードパネルからでは、エントリーと同時にストップとリミットを設定する事は出来ませんが、板注文画面のところにある売りボタンと買いボタンを使えばエントリーと同時にストップとリミットを設定する事が出来ます。

 

チャート画面の上で右クリックをします。板注文画面をクリックすると板注文画面を表示させることが出来ます。

 


ストップとリミットを入力する

左側の入力欄(sl)がストップ注文で右の入力欄(tp)がリミット注文です。真ん中はロット数です。ロットの単位はFX会社によって違うことがあるので注意が必要です。

ここのストップとリミットはポイント単位で入力します。

例えば、ストップとリミットに200と入力すると、注文価格から20ピップス離れたところにストップとリミットが入ります。

 


ワンクリックで取引をする

ストップとリミットを入力して、売りボタンまたは買いボタンを押します。この時、確認メッセージなどは一切出てこないで発注されます。

※オプションのワンクリック取引にチェックが付いていない場合は、通常のオーダーの発注画面が出てきます。

 

画像は買いボタンを押しています。ポジションに決済逆指値(S/L)と決済指値(T/P)が設定されています。

このように、ワンクリックでエントリーと同時にストップとリミットを設定することが出来ます。

トレードパネルからのワンクリック注文やワンクリックで決済する方法、チャートから注文を変更する方法などは、「MT4で取引をする方法」をご覧ください。

 


決済ボタン

板注文画面にある決済ボタンは、ポジションを持つとグレーから黄色に変わり使えるようになります。(板注文画面の通貨ペアのポジションがあれば有効になります。)

ここの決済ボタンは、ロット数とかは関係なく最初に持った板注文画面の通貨ペアのポジションを決済するようです。

おすすめ記事

リアル口座のトレード収支結果です。   EA名:KonohaUSDJPY 通貨ペア:USDJPY 使用FX業者:OANDA JAPAN(東京サーバー) バージョン:1.00 パラメーター:すべて初期値 約定日時…

私は数年前から投資はMT4で自動売買のみになっているので、裁量トレードに便利なMT4とかあまり興味なかったのですが、デモ口座開設の記事を書くのに調べていると、FXTF(FXトレード・フィナンシャル)のMT4が裁量トレード…

関連記事

メール送信機能がついているEA、インジケーターやアラートでメールを送るには、MT4のメール設定をする必要があります。   目次 メールの設定画面を開くメール設定の仕方Gmailの設定の仕方Yahoo!メールの設…

カスタマイズしたチャートやインジケーターを表示させたチャートを保存して、ほかのチャートで呼び出すことができます。 上の画像のようにチャートをカスタマイズしたとします。   チャート上で右クリックをして、マウスポ…

MT4で過去の取引履歴を見る方法やマジックナンバーの確認方法、エクセルでレポートのファイルを開く方法などを説明します。   目次 取引履歴を確認する方法口座履歴の期間を変更する方法コメント、手数料、税を表示させ…

MT4には、標準で30種類以上のインジケーターが搭載されています。 今回は、移動平均線とRSIを使ってインジケーターの使い方を説明します。 移動平均線とRSIをチャートにセットする方法と、パラメーターの設定の仕方なども詳…

最初にMT4でチャートを見たときに、あれ?時間がおかしいと思うのではないでしょうか? 私もMT4を初めて使ったときに、表示時間を変えたくて必死に設定する場所を探したのですが見つけることができませんでした。まあ、見つからな…